ゆたぼんが発達障害のADHDの理由に驚愕…大炎上の小学生不登校ユーチューバーの正体に迫る

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ハイサイまいど!と言う挨拶で始まる小学生のユーチューバー、「少年革命家ゆたぼん(中村逞珂(ゆたか))」が誕生しましたが、登校拒否をしている理由が「発達障害なのでは?」と言われています。

ゆたぼんくんは「俺が自由な世界を作る」という信念で活動していて、小学生にしては物凄いバイタリティーだと思います。

 

ゆたぼんくんは大炎上していますが、実際に発達障害なのでしょうか?

筆者自身もADHDという発達障害だと診断された事もあるので、それを元にご紹介していきます。

最初にゆたぼんくんに関して今起きている事について紹介し、最後に僕の意見を述べさせていただきます。

スポンサーリンク

ハイサイまいどゆたぼんは発達障害のADHD?

ゆたぼんくんは「発達障害」と言われています。

「発達障害」というのは、人が生育する過程で通常とは異なる成長をする障害の事です。

病気ではないですが、そう捉えるとわかりやすいです。

 

多くの場合が「変わった人」という風にとらえられる人間に成長します。

 

代表的な症状は以下です↓

・コミュニケーションが取れず、社会性が低い

・わがまま、自分勝手で言う事を聞かない子供

・怠け者の反面、好きなものは周りが見えなくなるまで頑張る事も

このような特徴が出ます。

(※人によってかなり症状が変わるのであくまで多い症状です)

有名な発達障害が「自閉症」ですね。

他には「ADHD」「学習障害」「知的障害」などがあります。

 

大人になるにつれ、症状が緩和したりなくなる場合もありますが、酷くなる場合もあります。

これらは日常生活に支障をきたし、本人にとっては多大なストレスを抱える事が多いですが、逆に「大きな才能」としてとらえる事もできます。

実際、発達障害を上手く活かした方は歴史に名を遺す事もしばしば。

 

で、ゆたぼんくんは「ADHDなのでは?」などと言われています。

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)は主に「集中力がない、じっとしてられない、衝動的」という症状が出ます。

ゆたぼんくんは「衝動的」なところがあるのでは、という事ですね。

私もADHDなのですが、主に「集中できない」症状がでかく、他の症状はほとんどありません。

ADHDは症状にも偏りがあるのです。

 

しかし、ADHDというのはガセネタの可能性が非常に高いです。

ゆたぼんくんの情報はそもそも少ないですし、そういっている事実もありません。

 

また、お父さまが心理学系の職業についているので発達障害であれば理解しやすいはず。

可能性が0ではありませんが、今のところ単なる言いがかりと捉えていいでしょう。

スポンサーリンク

ハイサイまいどゆたぼんが学校に行かない理由がわがままと話題に

ゆたぼんくんは「学校にいかず、ユーチューバー活動」をしています。登校拒否をしているのです。

それを活かして、「登校拒否は不幸ではない」「学校に行かなくていい」という風にYouTubeで発信しています。

 

もちろん、「学校へ行ってはいけない」というわけではなく「辛すぎて病気になったり、自殺してしまうくらいなら」学校にいかなくていいという意味ですね。

 

しかし、ゆたぼんくん自身が登校拒否になった理由は「宿題を無理やりやらされるのが嫌だったから」だったのです。

小学三年生のころ、宿題を拒否したら放課後や休み時間に無理やりさせられたことがとても嫌だったんだとか。

そして、これを疑問もなくやっている同級生がロボットに見えてしまい「俺までロボットになってしまう」と危機感を覚えて不登校になったんですね。

 

これに関して「いじめで行かないならわかるが、宿題がしたくないからというのはわがままだ」という意見が殺到してるのです。

確かにこの理由なら、「単なるサボりでは?」とみなされてもおかしくありませんよね。


将来の夢は子供だけが乗れるピースボートで世界中に友達を作って戦争をなくすことなんだそうです。

 

また、この理由に関して「わがままだから発達障害の可能性があるのでは?」と考えた方がいるようですね。

ちなみに、他の理由で発達障害だとも考えられたようです。

 

例えば、「こだわりが強い」「宿題ができない学習障害で登校拒否なのでは?」「発達障害か何かで不登校になったのでは?」と考えられたようです。

しかし、この程度の疑問であり根拠は非常に薄い問題です。

スポンサーリンク

ハイサイまいどゆたぼんの低評価が凄い

YouTubeの動画には「高評価と低評価」というものがあり、これによって視聴者が動画を評価する事ができます。

このゆたぼんくんの動画は毎回、ものすごい低評価があります。

こちらの動画は、私が現在見た時点で高評価285、低評価が6472と約30倍もの低評価が付いています。

 

他のユーチューバーの動画を見て欲しいのですが、これはかなり異常ですね。

ゆたぼんくんの他の動画ものきなみ低評価が物凄い事になっています。

世のバッシングが数値で見れますね……。

スポンサーリンク

ハイサイまいどゆたぼんは義務教育違反なのか?

そういえば、小学校って「義務」教育ですよね?

行かなくて、いいんでしょうか。

 

というと、子供はOKで、理由如何によっては問題ないようです。

 

義務教育は「大人が子供を学校に通わせる義務」で、子供の責任ではありません。

また、いじめや病気など「正当な理由」がある場合は行かないことが認められています。

しかし、ゆたぼんくんが登校拒否する理由に正当性はないように見えます。

ゆたぼんくんは「行きたいときに行く」という形をとっているからですね。

この義務教育法は、保護者の責任になるわけですが、お父さまが法に触れる可能性は高そうです。

義務教育法の詳しい文章は割愛しますが、文章には「保護者が子供を通わせる義務がある」という風に書いています。

 

実際、過去に女子中学生が「ネットアイドルの活動をしたい」として不登校だったこともあるのですが母親が書類送検されています。

スポンサーリンク

ハイサイまいどゆたぼんの親、中村幸也が怪しすぎる

ゆたぼんくんのお父さん、「中村幸也(ゆきや)」さんが怪しいと話題です。

この方は心理カウンセラーを名乗り、「あきらめる勇気」という本を出版していますがプロフィールややっている事が怪しいのです。


お父さまは中卒で元暴走族で、バイクを盗んだりタバコを吸いながら廊下を歩いたりと随分な不良だったようです。

暴走族の副総長で、恐喝、窃盗障害や違法なおくすりなどもしていたんだとか。

 

随分ヤバい経歴を持っています。

本人曰く、改心して現在は心を病んでいる人達を救っているようですが…

 

中村幸也さんが今、何をやっているかと言うと、心理カウンセラーだけではなく「仮想通貨アフィリエイト」「違法すれすれの情報商材販売」などですね。

私は情報商材や仮想通貨、アフィリエイトを否定する気はさらさらありませんが、この業界で詐欺が横行している事は知っています。

 

ここから推察されるに親がゆたぼんくんを裏で操っているではないか?と思えます。

ゆたぼんくんはビットコインの投資をしているのですが、その金額も相当なもので明らかに親が出資しているのがわかります。


それに、心理カウンセラーというのは実は資格がいらない職業です。

臨床心理士とかとは違いますからね…。

スポンサーリンク

ハイサイまいどゆたぼんの父、中村幸也のSNSアカウント

興味ある方は↓からTwitterなどをご覧ください。結構怪しいですよ。

 

中村幸也のTwitter

中村幸也のFacebook

 

うーん、やっぱりゆたぼんくんを利用してるようにも見えますよねえ。

でもゆたぼんくんが楽しいなら、いいんですけどね。

スポンサーリンク

最後に

ゆたぼんくんが結局炎上していますが、筆者的には「やればいいんじゃないかな」と思っています。

結局やりたい事は、何歳でもやるといいと思うんですね。

 

色々批判している方もいます。学校に行かない理由が微妙だとか。

 

確かに、理由は微妙ですが、現在の学校を行く意味というのも考え物です。

「そもそも学校に行かないといけない」という事が間違っている可能性はないでしょうか?

たまにはこうやってレールから外れる人がいなければ、日本が発展しないと思うのです。

 

「危ないからやめろ」という意見もあります。

確かに、危ないですよね。YouTubeに顔出ししてるなんて。

将来、就職できなくなったり、悪い人に狙われるリスクは上がるでしょう。

 

でも、「それで後悔して生きる」のとどっちがいいんでしょうか?それは本人にしかわかりません。

一番私がいいのは、その人がやりたい事を全力でやらせる事だと思います。

 

もしかしたら、やらせればゆたぼんくんは世界を変えるレベルで成功して、私たちの生活を一変してくれるかもしれません。

そうしたら多くの人は手のひらを返して賞賛するんでしょうね。

 

私は現在のゆたぼんくんを非難する人達が、「子供を寄ってたかっていじめてるように」見えます。

相手は、小学生です。暖かい目で、育ててあげましょう。

 

大成するかもしれません。

あなたはどう思いますか?

 

下の方にコメント欄がありますので、ご意見をお聞かせください。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© EXANEWS , 2019 All Rights Reserved.