2019/07/25

山里亮太の年収はジャニーズ嵐級!貯金額も4億円越え…この秘密は母親にあった!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

先日蒼井優さんと結婚して話題になった山里亮太さんの年収が話題です。

あんな綺麗な蒼井優さんと何故山ちゃん(山里亮太)が?という世間の声の一方で、実は山ちゃんこそ高スペック男子!という説もあります。

 

確かに結婚は顔よりも経済力や将来性って言いますよね。

売れっ子の山里亮太さん、山ちゃんはいくら稼いでるんだろう

 

それはもう、目ん玉飛び出るくらいの額でした…!

一説にはジャニーズの嵐レベルだという事!

これは一体どういう事なのでしょう?

 

って事で、今回は結婚に欠かせない山里亮太さんの年収、学歴、はたまたその高スペック男子を育てた母の教育法についてご紹介していきたいと思います!!

蒼井優の恋愛遍歴が豪華も岡田准一への仕打ちと破局理由がエグすぎる…山里亮太もATMになるのか?

ちなみにご結婚した蒼井優さんですが、その素性が心配されています。

なんと、前に付き合っていた岡田准一さんを財布のような扱いをしていたと噂になっているのです。

また、そのほかの歴代彼氏に関しても書いておきましたので興味あれば上の記事をご覧ください。

山里亮太は年収5000万円!?なんとサラリーマンの10!!

芸人としての仕事はもちろん、ナレーターや司会など幅広い分野で活躍中の山里亮太さん。

なんと現在のピンでのレギュラー番組はテレビが8本にラジオが3本!


超売れっ子ですね。

これに特別番組やコンビでの収入も加わるということは相当稼いでいます。

2015年10月16日放送のテレビ番組【全力タイムズ】の中で一度山里亮太さんの年収について話題が出ていました。

その日の番組内で20代女性が男性に求める最低年収が400万円」というデータがでたときのこと。

 

木村文乃さんに「超えてらっしゃいますね?」と聞かれた山里亮太さん。

「ありがたいことに超えています」と答えると

有田哲平さんに「何人組くらいのグループになりますか?」と詰め寄られます。

さすが有田さん、逃がしません(笑)

 

山里亮太さんも渋ったものの、最終的には嵐」と答えました。

嵐、ということは400万円×5人分=2000万円!

 

2015年時点では年収は2000万円だったようです。すでに経営幹部、役員レベル!さすが!

山里亮太さんの年収が嵐レベルっていうのは、こういう事だったんですね。

そんな山里亮太さんの2019年現在の年収はさらに上がって5000万円とのこと。

テレビにラジオに大活躍ですからね、納得です。

山里亮太が酔っ払って自ら叫んだ貯金額は?妻蒼井優の年収はいくら?

倹約家で投資もしていると噂の山里亮太さん。貯金額の方も気になります。

年収も高いですし、相当貯め込んでそうですよね。

 

 これについてもテレビ番組で暴露されていました。

2017年の【おしゃれイズム】でyouさんに「4億円」と推測されています。

同じく2017年2月20日放送の【スッキリ】では、チュートリアル徳井さんと一緒にハワイに行ったときの泥酔エピソードとして語られていました。

ハワイで酔ってベロベロになった山里亮太さんが大声で

 

「俺は貯金4億円あるんです!!」

 

と自ら叫んでいたそう。(笑)

確かに自慢したくなる金額ですけどね。

ちなみにこの度結婚され妻となった蒼井優さんの年収は3000万円との噂。

2019年3月に蒼井優さんがタクシーに衝突した際の愛車がポルシェカルラ(新車で1200~1800万円)だったことから、こちらも相当稼いでるのではと言われています。

 

人気女優と人気芸人ですが予想以上に稼いでますね。うらやましい!

山里亮太の年収のヤバさがわかる母へのプレゼントとは?

年収も学歴も申し分ない山里亮太さん、そんな息子を育てた母文代さんも注目されています。

母、文代さんは鹿児島出身で意外にも元スケバン

 

山里亮太さんを溺愛しており、いまだに合鍵で息子の自宅に入って片付けまでしているとのこと。

2018年にはテレビ番組【ボクらの時代新春sp】に家族で出演しました。

そのときに母が結婚相手として薦めていたのがなんと石原さとみさん!

 上戸彩さんが結婚したときには「あんたがボケっとしてるからHIROに取られた!との発言も。

 

嫁候補の顔ぶれが凄すぎる。息子が可愛くて仕方ないのがよく分かります(笑)

蒼井優の父親の職業は天文学者?山里亮太とした抱腹絶倒のコントも紹介!

ちなみに結婚相手の蒼井優さんのお父さまについては↑の記事で書いておきました。

 

 

こんな母だからこそ、山里亮太さんは高額なプレゼントも贈りたくなるようです。

2016年には【とんねるずのみなさんのおかげでした】の「南海キャンディーズ山里、親に何か買う」という企画でなんと379万円6000円の地中海エーゲ海クルーズをご両親にプレゼント!

マンションは少なくともウン千万……ひょえええ~

 

ちなみに前年にも17日間のクルーズをプレゼントしたとのこと(笑)

年収が高くないとなかなかここまで出来ませんが親孝行ですね。  

スポンサーリンク

山里亮太が不安なとき、何でも褒める母がLINEで送ってきた名言に感動!!

 山里亮太さん曰く、

 「母ちゃんにはお前のこれがダメって言われたことが何一つない。何でも褒められたから、褒められることをする癖がついた」

 そう、このお母さん、どんなに些細なことでも褒めるのです。

 

 先生に怒られたときには

「反省してる感じだすのうまいね」

 

子役オーディションで周りが劇団や事務所所属の子ばかりのときには

「あんたすごいねぇ、他の子みたいにお金かけてるわけでもないのに勝負できて偉い」

 

さらには

「ごめんなさいをいうスピードがいい」と普通では思いつかないことまで褒めます。

 

怒られたら落ち込むし、オーディションで周りが自分より凄そうなら萎縮しちゃいますよね。そんなときに褒めて励ましてくれるなんて!子供としては嬉しいし心強い。

 

それは大人になってからも健在のようで、三遊亭兼便の名で落語家として活動している山里亮太さんが、師匠との落語会を前に不安になり母にLINEしたときにはこんな返信がきました。

「努力して結果が出ると自信になる。

努力せず結果が出ると驕りになる。

努力せず結果も出ないと後悔が残る。

努力して結果が出ないとしても経験が残る。

努力してその日を迎えたんだったら何も残らないことはないから行っといで」

 

頼もしい母の言葉ですね。山里亮太さんがこれまで頑張れたのもこの母がいたからかもしれませんね。

スポンサーリンク

山里亮太の年収の由来?元ヤンキーの兄の援助が凄すぎる

山里亮太さんを愛してるのはお母様だけではありません。

お兄様も素敵な方なのです。

 

今の山里亮太さんの年収や、成功があるのはお母様のおかげも大きいでしょうが、お兄様がいなくては絶対あり得なかったと断言できます。

 

頭の回転の速いツッコミと鋭い言い回しが持ち味の山里亮太さんですが、実は関西大学文学部教育学科(偏差値60くらい)を卒業しています。

山里亮太さんは元々薬剤師を目指していましたが、高校2年のときに好きな子が文系を選んだため文系へ。そのため理系の薬剤師は選べなくなりました。

 

芸人を目指したのは高校3年のとき。友人に「面白いから」と勧められたのと、女性にモテたいので目指したそうです。

動機が山ちゃんらしい(笑)

芸人を目指して、吉本総合芸能学院(NSC)大阪校に入ろうと関西方面を進学希望としましたが、父親がこれに反対。

 

話し合いの末

「大阪の人10人が10人良いという大学に合格すれば吉本に行かせてあげる」

という条件になったため関西大学を受けました。

 

このとき山里亮太さんは一浪しているのですが、受験で全敗し「甘くないね。1年間頑張って来年だね」と言うと母から衝撃の事実が。

 

「受験料は全部お兄ちゃんが貯金から出したんだよ」

10回分の受験料30万円は3歳年上の兄、大樹さんがアルバイトしたお金で払われていました。

 

「俺は大学に行けなかったから、亮太が受けたいと言っているなら」と自ら申し出てくれたそう。

 

大樹さんは地元では有名な元ヤンキーとのことですが、弟思いの素敵なお兄ちゃんですね。

まとめ

母が元スケバンだったり、兄が元ヤンキーだったりと山里亮太さんとはかけ離れた印象もありましたが、弟のために貯金を出したり、息子を褒めて励ましたりととても素敵なご家族ですね。

ちなみに父は元プロボクサーだそうです。これまた意外ですよね。

 

そしてやはり山里亮太さんは思った以上に高スペックでした。

年収も学歴も申し分なく、親孝行までしているなんて素晴らしいの一言です。

 

山里亮太さんを選んだ蒼井優さんの目に間違いはなさそうですね!これからもお幸せに!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© EXANEWS , 2019 All Rights Reserved.