2019/03/01

田畑毅衆議院議員はハニートラップではない!未成年とも女性問題発覚で逮捕間近!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

田端毅衆議院議員(自民党)が2月15日に自民党からの離党届を提出しましたが、その原因は20代女性の会社員に乱暴をしたという事でした。

しかし、田端毅衆議院議員はこの女性にハメられた…いわゆるハニートラップだったのではないか?ともっぱらの噂になっています。

 

田端毅さんは本当にハニートラップにハメられてしまったのでしょうか?

今回の記事では田畑毅さんの事件の概要をご紹介してから、ハニートラップではない理由をご紹介します。

スポンサーリンク

田端毅の準強制性行事件の概要について

田端毅さんは女性が泥酔して意識がないことをいいことに、避妊具なしの行為に及んだそうです。

しかも、この行為は盗撮されていました。

 

彼女は記憶をなくすほどお酒を飲んでいたにも関わらずなぜ気づいたのかというと、自宅で全裸姿で寝ていたからです。

そこから女性は田端毅さんを問い詰めたことで、盗撮が発覚。

データを確認したところ、避妊をせずに行為に及んでいたことがわかりました。


また、この口論について女性はやり取りを記録していたそうです。

決定的な証拠を掴んだ女性は告訴状を提出。

しかし、そのあと田端毅さんは弁護士を通じ女性に「お詫びの気持ちとして100万円お支払いしたい」という文書が届きました。

金をやるから黙っていろというわけですね。

スポンサーリンク

田端毅衆議院議員と被害者女性の出逢いは?

田端毅さんは現在47歳のおっさん。

被害者女性は20代で、田端さんと交際まで発展していたと言います。


でもそんな方がなぜ、20代の女性と知り合えたのでしょうか?

これは田端毅さんが急に女性へ誕生日祝いをしたことだそうです。

急にて。

 

まあ、ナンパですよね。ネット上の。

それにしてもふっつーに怖い。見ず知らずのおっさんから親しげに誕生日祝いきたら寒気しますわ。

でもなんで女性は交際まで発展したのかというと、国会議員という肩書きで「怪しい人ではないのだろうな」と思ってしまったようなんですね。

そこから度々メッセージが送られてきて、食事に行く約束が進み…交際に発展していたと言います。

スポンサーリンク

田端毅が盗撮した被害者女性は誰か?中村清美?

被害者女性は「女性社長」ということで週刊文春に紹介されていましたが、バイキングなどのワイドショーでは「20代の会社員」と紹介されています。

名前は中村清美さんと言われています。

 

これは報道が間違えている可能性もありますが、どちらも真実であれば会社員をやりつつ事業を営んでいると考えられます。

事業に関しては「結婚相談所」とされていました。

スポンサーリンク

田端毅の「犯行時の音声」が流出。内容は?

ここで週刊新潮が田端毅さんと被害者女性が実際に会話した音声を公開しました。

この中で田端毅さんは盗撮した理由を「自分が見たかっただけ」とネット上に公開したり、売りさばいたり、脅しの材料にする目的ではないという風に説明しています。

 

田畑:「盗撮の件は、それは完全に自分が見たかっただけです、はい。」

女性:「だからっていって、本人の了承を得ずにしていいんですか?過去にも今までしてましたよね?」

田畑:「え?過去にも?」

女性:「うん。」

田畑:「ああ、まあ、 ああ〜いやいやいや、いや、どうか」

女性:「だって動画のピコンて音ってわかるじゃないですか」

田畑は「クリスマスイブなのに、寝てしまったから…

 

無理やり行為に及んだことに関しての言い訳は、気持ちはわからなくもないですが…なんか、ガキっぽい言い訳ですよね。

 

ちなみに音声の一部↓

 

いや、言い訳下手か!

「過去にも」と言われただけで動揺してしまったのが少し笑えます…。

スポンサーリンク

田端毅はハニートラップを受けたのか?

被害者女性は「ハニートラップでは?」という声が高まってきました。

盗撮および酔って寝ている時に乱暴をされたわけですが、これはわざとなのでは?ということです。

 

なぜそう言われたのかというと、「会話を録音していた」からです。

わざとそうさせて、お金を取ろうとした、もしくは他の政治家からの差し金なのでは?と言われています。


しかも、録音の中身は「私以外の女性も盗撮していますよね?」という風に被害女性は言っております。

このため、「元々そういう人物だと知っていて近づいてきた」という可能性があります。

しかし、出会い方が本当であれば近づいたのは田端毅さんから。

 

まあ、その誕生日コメントを見た人が裏で工作した可能性もありますけど…。

さらに、「別れたい気持ちがあった」と女性は述べていますが、そうしたらなぜ自宅に田端さんを入れたのか?という風にも疑問が出ます。


しかし…私はハニートラップだとは思えません。

 

なぜなら、田端毅さんは他の女性にもさらに酷い乱暴をしていたからです。

なんと未成年暴行です。

 

もう、この人はなるようにしてなったとしか言いようがないでしょう…。

それにお酒を飲んでいたら判断能力も落ちますからね。

しかも、最初の被害者女性の中村さんは1300万円の示談金も断ったそうです。

 

「田畑さんがクリスマスイブにしたことを私は絶対に許しませんし、しっかりと社会的制裁を受けてもらうべきだと思います」

 

こういう風にコメントしていますので、自分の利益ではないように思えます。

それに、なぜ家に入れたのか?とかは細かいニュアンスがわからないので、そうしてしまった理由もあるかと思います。

スポンサーリンク

田端毅が未成年に乱暴し驚愕…最低すぎる…

田畑毅さんはなんと当時高校二年生の女性に無理やり関係を迫り、その様子をビデオで撮影されたという被害を訴えられています。

「あれは2010年のこと。当時、私は16歳、高校2年生でした。その頃、ミクシィを頻繁に利用しており、クラスメイトと制服姿で撮ったプリクラなどをアップしていました。ある日、知らない男性から『こんにちは。ちょっとおじさんだけどいい?』とのメッセージが届いた。それが田畑さんでした」

き、気持ち悪すぎる…。

 

当時の田畑毅さんは日銀を辞められたばかりで、行政書士事務所を開設し、働いていました。

被害者女性とは徐々にメールをやりとりし、距離を縮めていき…ある日「錦糸町においで」と田畑毅さんが女性を誘い出したそうです。


女性は翌年の大学受験を控えており、しかも17歳という多感な時期で「悩みを誰かに聞いてほしい」という気持ちで言ってしまったんですね。

女性をマンションに連れ込んだ後、田畑毅さんはクローゼットから怪しい器具を取り出し、「これ、大人のおもちゃなんだ。試してみるか?」といったそうです。

 

この時点で鳥肌ものですよね…。

 

茫然自失とした女性に対し、チャンスと思ったのか田畑毅さんは力任せに覆いかぶさってきたそうです。

女性は必死に抵抗して叫び声をあげたそうですが、押さえつけながらビデオの撮影をし始めました。

 

もちろん避妊具はいつも通りなし。

やばい人過ぎる…。

 

これが事実であれば、東京都の青少年保護育成条例に抵触。

また、強制せいこう罪の明確な違反でもあります。

前者は時効がすでに成立してしまっていますが、後者は10年の時効がありますので5年以上の懲役となる行為です。

これに関し田畑毅さんは全く返答をしていません。

ひええっ、、、

スポンサーリンク

田端毅の鳥肌モノのやばすぎる趣味が露呈…

ここまででよくわかったと思うのですが、田端毅さんは盗撮グセと無理やりするクセが酷いようです。

 

田端毅さんが盗撮したのは、元交際相手の女性の食事をしているところや台所に立っている姿、電話している時など様々なものです。

警察の取り調べ時確認したところ、218枚もの数があり、中には意味もなくカバンの中身や下着のタグを撮っていたりというものがありました。

これだけやってれば、正直まあ気づくわな(笑)

しかも、この女性だけではなく、他にも5〜6人もの女性の盗撮が存在したようです。

いや〜正直鳥肌もの…気持ち悪すぎますね…。

 

田端毅さん、自民党の離党は決定したのですが議員はまだまだ辞めていないようです。

うーん早く逮捕されないかな?

スポンサーリンク

まとめ

田端毅さんの事件は、ハニートラップではないでしょうね。

もうかなりハニトラ説が強いですが、もしこれが嘘だったとしたら女性が可哀想すぎます…。

 

昔から知る友人の証言では、真面目で勉強もできて運動もできる。そして正義感が強く、いじめをしている人がいれば注意して、女性からも非常に人気があったと言います。

 

なんでその頃のままでいられなかったのでしょうか?

 

世の中って、怖いですね…。

皆さんはどう思いますか?

御意見などぜひコメントしていってくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© EXANEWS , 2019 All Rights Reserved.