雅子様の病状症状の現在!適応障害が重篤で涙が止まらない…

 

この記事を書いている人 - WRITER -

雅子様病状症状を心配する声が数多く上がっています。

 

今年5月、時代は昭和から令和に変わり、夫の皇太子徳仁親王が第126代天皇に即位しました。

これに伴い、雅子様は新たな皇后になられました。

 

皇后になる事で、さらなるご公務が予想されます。
雅子様病状症状が悪化してしまうようなことは無いのでしょうか?

今回は、雅子様の病状や症状についてご紹介します。

紀子さまの皇太子妃ティアラは雅子さまから奪ったもの?炎上の真実に腰を抜かす…

雅子さまについては以前、病気なのに紀子さまに酷いことを言われたとも話題です。

それは本当なのでしょうか?上の記事で書きました。

雅子様の病気は適応障害!病状症状がやばい

雅子様は、宮内庁より2004年7月30日に「適応障害」であることが公表されています。
適応障害とは、ストレスが原因となって起こる様々な症状があります。

適応障害の症状はさまざまで、不安、抑うつ、焦燥、混乱などの情緒的な症状、不眠、食欲不振、倦怠感、易疲労感、頭痛、腹痛などの身体症状、遅刻、欠勤、早退、粗暴行為などの行動の問題があります。

 

悪化すると、次第に対人関係や社会的機能が不良となり、仕事にも支障をきたし、うつ状態も生じます。

引用:https://www.fmed.jp/cnt/kenkou/check/2004/0410.html

 

この投稿をInstagramで見る

 

5月に買ったイタリアの雑誌『GRAZIA』に、日本のことが載っていました。📖令和になり、新天皇陛下が即位した時の記事ですね。主役は、雅子様。 『彼女は何年も男子の後継者ができなかった悲しいお姫様でした。しかし、新天皇が即位し、王女になり、日本の将来は女性に委ねることを証明することが、王女の新しい任務となります。』のようなことが書かれています。あとは、雅子様の経歴が色々と書かれていましたよ。✨ 日本のことが書かれていると、嬉しくなりますね。💕 #小野友葵子 #イタリア #イタリア生活 #ミラノ #ミラノ生活 #イタリアの雑誌 #GRAZIA #日本のニュース #雅子様

小野 友葵子Yukiko Onoさん(@yukikoonosoprano)がシェアした投稿 –

私自身、職場の強いストレスで適応障害を患った経験があります。
私の場合、強い不安と焦燥感があり、仕事以外の時間もずっと仕事のことを考えていました。

 

夫の転勤を機に10年勤めていた職場を退職し、別の職場に入職してすぐの出来事でした。

この適応障害ですが、原因となるストレスから離れることができると、すぐに症状は治るようです。

 

私の場合も退職し1ヶ月ほどで症状は無くなりました。

 

雅子様の場合はどうでしょうか?
2004年にご病気が公表されてから随分長い間闘病されています。

これは、雅子様がいかにストレスから離れられない環境であるという事がわかります。
また、適応障害ではなく他のご病気なのでは?とご心配されている声もあります。

雅子様の病気の原因が黒すぎる…

ストレスが原因とされる「適応障害」ですが、雅子さまの場合、適応障害となった直接的なストレスとは何だったのでしょうか?

2004年5月10日の皇太子様(現天皇陛下)はヨーロッパ訪問にあたっての記者会見で、突然、雅子様のストレスに触れる場面がありました。

《皇太子様のお言葉抜粋》
雅子にはこの10年、自分を一生懸命、皇室の環境に適応させようと思いつつ努力してきましたが、私が見るところ、そのことで疲れ切ってしまっているように見えます。

 

それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です。

そして、その2ヶ月後に宮内庁より、雅子様のご病気が「適応障害」であると宮内庁から発表されたのです。

 

このお言葉からわかる通り、雅子様にとってのストレスが皇室の環境であったり、雅子様自身の人格を否定されたことによる大きなストレスが原因になっているという事が主な原因な様です。

では、雅子様自身の人格を否定する動きとは具体的にどのようなことがあったのでしょうか?
調べを進めていくと、筆者も胸を痛めざるを得ない出来事がわかりました。

宮内庁は抑圧的、旧態依然な態度で雅子様の素晴らしい人間性、キャリアを封じようとしていたようです。

 

雅子様が流暢な外国語で各国の要人達と会話をし、その語学力と高いコミュニケーション能力を高く評価されると、宮内庁はしゃしゃり出ている!

 

日本の女性とは一歩下がってなんちゃらこーちゃらと雅子様を評価するどころか、否定するような風潮があったそうです。

そして、そんな才能に溢れる雅子様に、過度な出産へのプレッシャーを与え続けていたのも事実のようです。

 

 

ようやく、子宝に恵まれた夫妻でしたが、愛子さまがお生まれになってすぐ、第二子を!そして第二子こそ男児を!と、まるでお世継ぎの事しか考えていないような道徳的にもクビを傾げざるを得ない状況があったそうです。

極め付けは、雅子様の病気の初期段階から発症後まで、病気に対する対応を誤り、すぐに治るような発表をし続けた宮内庁でしたが、現在も適応障害ということで、ご病気と闘病中であります。

 

では、現在の雅子様のご様子はどうなのでしょうか?
次にご紹介します。

雅子様の現在の病状症状は?

雅子様は皇后になられ、実は公務には全てご出席されているというのです!

すごい変化ですよね!

 

ご公務の時に見せる雅子様の笑顔には何かスッキリとしたものが感じられるのは私だけでしょうか?

このように、現在の雅子様は皇后になられ、黒い雲から解放されたような清々しいお姿で公務にあたられています。

 

もしかしたら、お世継ぎ問題から解放されたこと、皇后になられたことで、より一層外交に力を入れられるなど、雅子様にとってプラスのことが多く働きかけているからかもしれません。

 

世間から見ても、回復に向かっているという意見が多いようです。

海外の訪問などもされていますから、だいぶ良い状態なのではないでしょうか?

 

もちろん、完全な本調子ではないようで、時たま「体調が悪いのでは?」というご様子が見られることもあります。

雅子様、病状、症状まとめ

雅子様は長い間適応障害というご病気を患い闘病されています。

 

その原因は、皇太子様が会見された通り、雅子様が皇室の環境に適応させようと頑張り過ぎてしまったこと、そして、雅子様のキャリアや人格を否定する動きがあったことにありました。

 

そして、現在は皇后になられ、笑顔の絶えないお姿を拝見する機会が増えたように感じます。

これから、皇后としてお忙しくなると思われますが、無理などなさらず健康第一でご公務にあたられて欲しいと思います。

紀子様が怖いし正体がやばい…結婚の真の理由や堕胎と浮気の噂に震える…

小室圭の母の婚約者がほぼクロ…名前や顔、職業も判明か。

 

他の皇室の話題も興味あればご覧くださいね↑

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© EXANEWS , 2019 All Rights Reserved.