堀ちえみが順天堂大学病院でした手術の結果は成功?今後声は出る?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

堀ちえみさんが口腔がん・舌癌であることを公表しましたが、22日に大学病院手術を受けて結果がわかったようです。

堀ちえみさんの旦那さんがブログに変わって投稿しましたが、成功はしたのでしょうか?

 

また、堀ちえみさんのブログでは「病院手術で舌の半分以上を切除する」という旨を告白していましたが、今後堀ちえみさんは喋れるようになるのでしょうか?

 

ちなみに堀ちえみさんが手術した大学病院は順天堂大学だとわかった理由は↓の記事でまとめました。

堀ちえみの手術する病院はどこ?順天堂大学医院で実力と評判が凄すぎる…誤診した歯医者についても調べた

結構がんについては良い病院のようです。

実績もすごかったですので、大丈夫かなと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

堀ちえみの病院でした手術の結果は成功か?

堀ちえみさんが22日、病院で手術をした後公式ブログでは旦那さんがブログに「耳鼻咽喉科、口腔外科、形成外科による、舌がんの手術が無事に終わりました」と報告していました。

「無事」という事なのでひとまず成功という事です。

 

手術は転移した首、頸部リンパ節の切除から始まりました。

その後、舌を6割も切除、病変部位を切り離します。

 

最後に、堀さんの太ももの組織を利用し、舌を修復、再建するという順番で終わったそうです。

 

この三段階ですが、なんと11時間にも及ぶ大手術でした。

今後は来週の月曜日まで約3日間ICU(集中治療室)で休養と治療を行うそうです。

 

手術時代は「成功」ですが、がんは元々転移していたという事なのでまだまだ薬剤治療などが続くでしょう。

また、手術の傷を癒すことも治療の一つですので、ここからが大変です。

堀ちえみが痩せた理由は癌でない!もっと恐ろしい激やせの真相の病気に恐怖

特に、堀ちえみさんは激やせしています。

これは↑の記事でまとめたのですが、かなり低い体重になってしまいました。

 

手術後は体力勝負ですので、少し心配ですよね。

スポンサーリンク

堀ちえみが病院で手術する前の「旦那の行動」が素敵すぎる

堀ちえみさんの旦那さんはブログでは「皆さまからの心温まるコメント、励みになったと思います」とファンや著名人たちへコメントしました

堀ちえみさんの旦那さんとして、人生のパートナーとして説明責任を果たそうという事でしょう。愛を感じますね。

 

さらに、この日、堀ちえみさんは16日に収録された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」が放送されました。

手術の直前で、酷い激痛だったでしょう、そんな中収録でした。

ステージ4のがんの痛みは意識がもうろうとするレベルとも言われていますが、なんとそんな中でも堀ちえみさんは自らの曲「リ・ボ・ン」を歌い切りました。

凄い執念です……

しかし、その横には旦那さんが常にいたようです。中居正広くんがそれに関してコメントしています。

 

堀ちえみさんが番組に出れたのも、信頼する旦那さんが常に横にいたからかもしれませんね。

旦那さんは忙しいでしょうに、番組中ずっと見守っていたようです。

 

堀ちえみさんは後ろ向きな表情は全く見せず、非常に明るい様子で出演していました。

「ポジティブに考えないと、良い方向に進まない。前だけを向いて頑張りたい」「後悔はします。あの時生体検査に出してもらっていれば、とか。でも受け止めるしかない」とコメントしていました。

他にも、旦那さんは癌と診断され動揺していた堀ちえみさんに変わって息子さんに説明してくれたりと随分献身的に堀ちえみさんを世話してあげていました。

本当に優しい方ですね。

堀ちえみの息子は京都大学と近畿・立命館!外科医の遺伝子と母親への愛が凄い!

お子さんについては、↑の記事でまとめておきました。興味あればご覧ください。

お子さんの堀ちえみへの言葉は涙なしには読めませんよ…。

スポンサーリンク

堀ちえみは手術後、声は出せるのか?

堀ちえみさんは手術で6割もの舌を切除していました。

がんのステージ4という事で、多くの細胞が病変してしまったのですね。

 

そして、手術時間は11時間にも及ぶような重症…

 

果たしてそんな状態で、今後「声が出る」のでしょうか?

舌切り雀という有名な童話がありますが、舌を切られると声が出なくなってしまうという風に多くの人は理解していると思います。


堀ちえみさん自身も、「術後すぐには会話ができないから、子供たちとは電話しました」とブログで書いていました。

会える子供とは直接はなし、手術前夜に会った娘は「頑張ってね」と声をかけてくれたようです。

その後二人はハイタッチ。仲良くて素敵ですね。

スポンサーリンク

リハビリをすると…

舌がんに詳しい昭和大学歯科病院口腔リハビリテーション科の髙橋浩二教授によると舌を摘出しても喋れるようになるそうです。

 

堀ちえみさんは喋れないという旨のコメントをしていましたが、舌がないからではなく手術の方法によって喋れなくなるんですね。

のどに穴を空けて、チューブを入れて誤嚥防止のため起動を確保するのです。すると声が出せなくなります。

 

しかし、これを閉じてしまえば声は出ます。

それに切除した舌は太ももの組織をつなげて移植し、再建しました。

 

こうするとだいぶ術前に近い機能を取り戻すといいます。

もちろん、今まで通りとはいきませんが、リハビリによってさらに動かしやすくなるのです。

という事で、堀ちえみさんの治療がうまくいけば今まで通り喋れるようになります。

 

それに、堀ちえみさんは番組で「40周年コンサートをしたい」と夢を語ってくれました。

実際声が出ないならそんな事言えないですよね。

 

もし、堀ちえみさんのかかりつけの歯医者が癌を発見していたらこんなことにはならなかったのですが、不幸中の幸いです。

堀ちえみの誤診した病院・歯医者がどこか特定!舌癌を悪化させた悪徳な医師とは?

↑こちらにはその誤診した病院や歯医者についてまとめておきまsちあ。

 

声、出るようで本当によかったです…

 

今後も「リ・ボ・ン」をまた聞きたいですし、他の歌も聞きたいですよね。

そして、ぜひ治療が成功して欲しいですよね!

 

 

あなたはどう思いますか?

 

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© EXANEWS , 2019 All Rights Reserved.