堀ちえみ旦那の尼子勝紀の年収が5億!理由の職業とヤバい性格に驚愕 ​

 

この記事を書いている人 - WRITER -

堀ちえみさんの現在の旦那さんは尼子勝紀(あまこかつのり)さんという男性ですが、年収が5億円以上あると言われています。

 

ご、ゴオクエン…!?

半端な額ではないですし、これだけ稼げるって凄すぎますよね。

 

堀ちえみさんの旦那、尼子勝紀さんはなぜこんな年収を稼げるのでしょうか?

今回その理由である「職業」と尼子勝紀さんの「性格や人となり」をご紹介していきます。

 

また、尼子勝紀さんは堀ちえみさんの3番目の旦那さんですが、うまくやれてるのでしょうか?

ちなみに二人のお子さんの数もすごいですし、性格もすごかったです。

堀ちえみの息子は京都大学と近畿・立命館!外科医の遺伝子と母親への愛が凄い!

堀ちえみさんが癌だと判明した時、娘さんの言った言葉は涙なしには読めませんでした。

では、本編いきましょう!

スポンサーリンク

堀ちえみの旦那の尼子勝紀の職業と会社名が凄すぎる

堀ちえみさんの旦那さんの尼子勝紀さんは株式会社SANKYOに務めており、職業はその「執行役員」としてバリバリ働いていらっしゃいます。

SANKYOといえば、パチンコで有名な超大企業です。

そして、役職が執行役員って!!

 

エリートすぎてビビりますよ(笑)

執行役員といえば幹部中の幹部です。

堀ちえみの旦那の尼子勝紀の年収が5億の理由

堀ちえみの旦那さんの尼子勝紀さんの年収は「5億円」だそうです。

や、やば…。

 

一年で普通の人の生涯収入の倍を稼いじゃうようですよ。

でも、役員とはいえ5億円ってすごいですよね?


日産の会長として有名で、最近逮捕されたカルロス・ゴーンさんですら7億円、多いときは11億円程度だったと言います。

執行役員は会長や社長・取締役よりは下ですから、こんなにもらってるのは少し疑問を覚えます。

 

でも、SANKYOは「平均年収が高い」のと「役員と平社員の給料の差がでかい」会社として有名なのです。

パチンコ会社って絶対儲かるんで、基本的に収入は高いんですよね。

バイトですら時給1400円ですし、SANKYOの平均年収は700万円なんだとか。

で、東洋経済社の報道では、役員平均報酬は5億8150万円となっています。

 

随分SANKYOは今儲かっているようで、年々役員報酬は上がっています。

このため尼子勝紀さんの報酬は億くらいあるとされています。

 

しかし、まあ、役員の平均がそうってことなのでもうちょっと低いのではないかとも思いますけどね。

執行役員は役員の中でも序列が下なので、、、でも数千万以上の年収はあると思いますよ。

 

堀ちえみさんは尼子勝紀さんのお子さんを合わせて7人の子供がいらっしゃいますが、これなら安心ですよね。

堀ちえみの息子は京都大学と近畿・立命館!外科医の遺伝子と母親への愛が凄い!

大学や年齢について興味あれば↑の記事を見てみてくださいね!

 

子供を育てるのってすごいお金かかります。

特に都内だったら年収1000万円で子供二人いたらもういっぱいいっぱいというレベルです。

 

だからこそ、尼子勝紀さんは堀ちえみさんの旦那さんとしても適していたのかもしれません。

ご家族を一番大事にしていますからね…。

スポンサーリンク

堀ちえみの旦那の尼子勝紀の画像と経歴がヤバい

尼子勝紀さんは1966年生まれの52歳(堀ちえみの一個上)の男性です。


スーツがビシッと決まっていかにもできるビジネスマン風!

ガタイもいいので、頼り甲斐がありそうな渋いおじさまって感じです。

そんな尼子勝紀さんは今は執行役員という華々しい職業ですが、昔はSANKYOが経営しているお店を切り盛りしている「一般社員」だったそうですよ。

現場を回る今でいえば「スーパーバイザー」的な存在だったようです。

ここから着実に成果を出した尼子さんは、執行役員まで上り詰めたわけですね。

 

エリートなだけでなく、ガッツもあると推測できます。

スポンサーリンク

堀ちえみとの出会い。旦那の尼子勝紀はナンパ師のストーカーだった?

堀ちえみの旦那の尼子勝紀さんはナンパ師でストーカーと噂もされています。

なぜこんな酷いことを言われたのでしょうか?

 

というと、尼子勝紀さんは堀ちえみさんとの初めて出会った時に「そこら辺の道」で話しかけたからなのです。


二人の最初の出会いは堀ちえみさんの自宅近く。堀ちえみさんが娘を幼稚園に送るためにバスを待っていたのですが、尼子勝紀さんはそこに現れたそうです。

尼子勝紀さんは「昔からファンなんです、会えてよかった。ずっと会いたかったんです」と堀ちえみさんに声をかけたんですね。

 

正直、字面だけでみるとこれって怖くないですか?笑

 

でも、尼子勝紀さんのビシッとしたスーツ姿にそういう怪しさは感じず、「かっこいい素敵な人」という風に感じられたんだそうですよ。

 

その後、3ヶ月後くらいに二人は再開。なんとJALの飛行機の中で、尼子さんの前の席に堀ちえみさんが座っていたのです!

飛行機を降りた後、尼子勝紀さんは堀ちえみさんに「この間はどうも」と話しかけたんですね。

東京の中でまた会えるなんてすごいですよね。

ちょっと疑り深い私は「本当に偶然?」と思ってしまいます…。

 

二人とも二度の離婚歴があり、子供を一人で育てているということで親近感を持ったそうです。堀ちえみさんは名刺を渡そうとまで考えたようですが、その時忘れてしまい、次にあったら渡したいと思ったそうです。


そしてまた3ヶ月後、堀ちえみさんが銀座でマネージャーと一緒にいる時尼子勝紀さんとまた出くわしました。

この時、堀ちえみさんを「これからお食事でもどうですか?今日空いてますか?」と食事に誘った尼子勝紀さん。

マネージャーを含めた3人で食事したそうです。

 

でも、普通に考えて三回偶然に会うか?と思いますよね。

東京はただでさえ人が多いですから、会う確率も低いはず。

でも二人ともお金持ちだから、行動範囲は被るんでしょうか?

 

こういうことで、ナンパ師だとか、ストーカーと言われてるわけです。

しかし、堀ちえみさんが今幸せそうにしてるのですから、もし尼子勝紀さんが「意図的」だったとしてもこういう言い方はよくないです。

尼子勝紀さんはいい旦那さんですからね。

スポンサーリンク

堀ちえみの旦那、尼子勝紀の「出自」がやばい

尼子勝紀さんは有名な戦国武将の系譜で由緒ある名家で「尼子経久」の末裔なのです。

あの有名な毛利元就と争った武将です。


5年に一度、全国各地の尼子家の子孫が集まる「尼子一族全国大集会」にも出席していらっしゃったので、これは確か。

年収から見て凄い方だとは思いましたが、遺伝子もすごかったのですね!

スポンサーリンク

堀ちえみの旦那、尼子勝紀はどんな人?性格がやばい

二人の関係はかなーり良好。

ブログを読んでいてもそれは読み取れます。

 

尼子勝紀さんはすごく優しい方で、忙しい堀ちえみさんに変わってご飯を作ってあげたりもしているようです。

これを堀ちえみさんは「パパランチ」という風に紹介していますが……みるだけで正直お腹が空いてくるくらい豪華で美味しそうなんですよ!


ちえみさんは激やせして一時期ファンを心配させましたが、この時も尼子勝紀さんは大変心配したでしょうね…結局ある病気だったのですが、尼子さんはこの時も甲斐甲斐しく世話したと言います。

堀ちえみが痩せた理由は癌でない!もっと恐ろしい激やせの真相の病気に恐怖

 

さすが、シングルファザーとして暮らしていただけありますね…。

 

そんな尼子勝紀さんは堀ちえみさんががんの手術の直前に出演していた「中居正広の金曜のスマイルたちへ」でも付き添いずっと一緒にいました。

堀ちえみがいる病院名は順天堂!手術前に中居正広が金スマで送ったコメントが優しすぎる…

執行役員という忙しい仕事の最中なので、本当に堀ちえみさんが大事なんでしょうね。

 

二度の離婚経験がある尼子勝紀さん。

それだけ「ダメなやつ」という見方もできますが尼子勝紀さんの場合は「傷ついて優しくなった」という形なんだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

堀ちえみさんの旦那さんの尼子勝紀さん、年収がとんでもない額でしたね。

元トップアイドルの旦那さんなら、これだけあっても確かにと頷けます。

 

そんな旦那さんは非常に優しい性格で、堀ちえみさんと家族をすごく愛しているようです。

旦那さんの解放もあって、堀ちえみさんは2月22日、無事手術が成功しました。

堀ちえみが順天堂大学病院でした手術の結果は成功?今後声は出る?

その後集中治療室に入れられたのちに一般病棟に出ることができたようです。

そして、今では筆談もできるようになり、だいぶ回復したんだとか。

 

よかったですね…。

あなたはどう思いましたか?

コメント欄からのご感想お待ちしてます。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© EXANEWS , 2019 All Rights Reserved.