中学聖日記の最終回ネタバレ!漫画とは違い警察に連行された聖はどうなる?黒岩晶と結婚できるのか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

EXANEWSです!

人気のドラマ中学聖日記最終回を迎えましたね!

今回はこちらのネタバレと感想をお話していきます^^

 

このドラマ、漫画が原作なのですが、ドラマオリジナルの展開になったようです!

 

なんとも気になるのが、最終回直前に主人公の「末永聖」が警察に連行されてしまった事です!

あれからどうなってしまったのでしょうか…?

それに、誰が警察に通報したのでしょう?

スポンサーリンク

中学聖日記の「漫画の」最終回ネタバレ

中学聖日記は漫画の最終回はどうなっているのでしょうか?

 

というと、実はこの漫画まだ終わってないのです。連載中です。

現在雑誌「フィール・ヤング」にてかわかみじゅんこさんが執筆されています。


Amazonから引用

という事でドラマの最終回はオリジナルストーリー。

 

実は後半から全てオリジナルなんだとか。

中学聖日記の漫画の最新ネタバレは?

原作の現在のストーリーを簡単に書かせてもらいます^^

 

末永聖が黒岩晶と花火大会でキスをし、それがバレた聖は辞職し引っ越す事になりました。

婚約者の勝太郎とも別れ、追い詰められた状態…。


2年が経過して田舎の小学校に転職。晶とは別れていましたが、晶は聖の居場所を知ってしまいました。

衝動的に聖の住む町にまで行ってしまった晶は元婚約者の勝太郎に出くわします。

 

晶は勝太郎と聖が結婚しているものと思っていたのですが勝太郎の口から「聖とは2年前に別れた」と衝撃告白。


この事によって晶はまた聖への気持ちが動き出します。

 

そんなこんなですが、聖は新しい学校でも悪い噂を流されてしまいます。

またかよ!運悪すぎだろ!とも思いますが、私は共感してこんなん辛すぎやろ…と思ってしまいました。

 

どんな噂かというと…母にネグレクトを受けている橘という生徒を家で世話しているのに、勝太郎が聖を抱きしめてキスをしていたという「そういう噂」です。

橘の母が目撃し、歪曲した噂を流したんですね。

なんて嫌な奴!

 

そうしてどんどん聖は追い詰められていきます。

 

そうしてとどめと言わんばかりに黒岩晶がまた聖に会いに来て熱烈な愛の告白をしていきます。

おいおい今色々あって切羽詰まってるんだよ!と漫画を読みながら突っ込む私。

 

晶は「僕はもう18だし岩崎とは別れます。会っちゃいけない理由ないですよね?」

 

「僕の気持ちはあの花火大会の日のままです」と言う黒岩に「じゃあダメです」と拒絶する聖。

さらに「(聖が勤める)小学校で、2年前の黒岩との事が原因で問題が起きてしまったから、もう関わらないで欲しい」とも言いますが、

晶は「ぼく、ちょっとガッカリしました、先生に」とキツイ言葉を吐きます。

 

次いで「いまだにあの日のこと整理できてないのって先生だけですよね?」とキツイ一言。

追い詰められた状態になっている聖は思わず黒岩の頬をぶってしまいました…。

 

まあ、これは殴るわ、追い詰められてる人にそんな事言っちゃだめだよ晶くん。

 

でも晶は聖の事が好きだから言ったのでした。

最後に聖に対して「待ちます」と残してその場を去ります。

 

そこで終わると思いきや…そこにいたのは橘の母でした。

 

「男2人手玉にとってうらやましいなあ」と最低な一言から始まり、「あなたは清廉潔白な顔して人を見下しているけれど、純情な未成年に手を出して“出させた”ゲスな女教師なのに、ひとのこと言えるのか?」と傷口をえぐるような言葉を放ちます。

もちろん聖の追い詰められた心はここでさらなるダメージを負ってしまいます…。

 

もうこの女本当嫌いです(笑)

 

これが漫画の最新です。

 

スポンサーリンク
 

 

中学聖日記のドラマの最終回のネタバレ!漫画とは違う…?

中学聖日記のドラマ版は漫画の先のストーリーです。

 

漫画はこれを追う形になるのか、というとちょっと違うのではというのが一般的な意見。

 

では、ドラマはどういう展開になったのでしょうか?

 

第10話(最終回の一個前)で末永聖は警察に連行されてしまいました。

容疑は未成年誘拐罪です。


警察沙汰になってしまうなんて…普通に考えたら人生終了ですよね。

 

これは母の愛子が晶と聖が密会していた件を通報したのです。

 

未成年誘拐罪は未成年者の同意があったとしても親権者の訴えで逮捕する事ができます。

いかに晶が聖の事を好きでも…

 

そのまま聖は逮捕されてしまうのかと思いきや、証拠不十分として立件できずに済みました。

 

愛子は晶に「何かやったら聖の罪が増える」と脅し、聖の連絡先をスマホからほぼ強制的に消しました。


そして聖は母にもこのことを愛子に伝えられ、「もうあなたの事が信じられない、一人でやっていきなさい」と見放されてしまいます。

 

追い詰められた聖は次の日、愛子が雇った弁護士に「晶と一生合わない」という誓約書を書かないと警察に通報するぞと脅されました。

 

晶は聖の事が気になって母の愛子にそれを訪ねるものの、「受験が終わったら考えてやる」と言われ黙ってしまう事に。

 

しかし、その後しばらく経った後弁護士と愛子の「誓約書を明日末永さんのところに直接受け取りにいきますので」という会話が晶の耳に入ります。

「誓約書ってなんだよ!」と激怒する晶。


その資料の中に混じっていた情報を元に衝動的に聖に会いに行ってしまいます。

 

「先生、僕です。いますよね。空けてください

会いたい、声が聞きたい。先生、お願いだから

誰がなんといおうと関係ない。

僕は先生さえいれば、それで」

 

ドア越しのそんな言葉に、聖は覚悟が決まります。

 

「一緒にいよう」という気持ちではありません。

 

晶はまだ子供だ。誓約書にはサインしよう。

もう会わない、彼のためにも。

 

そう言う覚悟でした。

そして聖は誓約書にサインをします。

 

 

しかし、しばらく経った時、晶は回りくどいやり方をして聖に電話をかけたのでした。

誓約書で禁止されている行為ですが、「人のスマホを借りて」ですので誓約書には抵触しない…というかバレないでしょう(笑)


晶は「聖には幸せになって欲しい、もう会わない」

聖は「私は黒岩くんのおかげで変われた。力をくれた」

 

と二人は最後の最後に思いが通じ合ったのでした。

リアルでは本当に人と思いが通じ合えない私はこれを見てぼろっぼろ泣きました(笑)

本当によかったね…二人とも…

 

そして5年後、海外にいる聖の前に突然長身痩躯のスーツの男性が現れました。

 

晶です。

ビシッとスーツを決め、髪型も流してスマートに、だいぶ大人びていますが確かに彼でした。

 

 

晶はそこで、聖がサインした誓約書を手渡します。

聖は思わずあふれ出た喜びを顔ににじませ、2人は抱き合ったところで中学聖日記は終わりました。

 

スポンサーリンク
 

 

中学聖日記の最終回で晶が取った行動の意味とは?

晶は誓約書を聖に渡しました。

 

そして二人はハグをして終了。

 

でも、これはどういう事なんでしょうか?なんで誓約書渡したらハッピーエンド?

 

様々な意見がありますがこれは「誓約書が無効だった」という説が濃厚です。

 

なんと誓約書に書いてある日付は「平成2018年」と書いてありました。

つまり、そんな年は存在しないためこの誓約書は無効。

聖が持ち前のおっちょこちょいでやらかしたのです(笑)


これを見て、聖は自分のおっちょこちょいさに笑って、そして安心したのでしょう。

 

また、この平成2018年に関しては別に関係なく、「誓約書を渡したし、晶が成人したからもう二人は結ばれる」という解釈もあります。

 

そしてその誓約書は晶の母、愛子の金庫に固くしまっていましたから、愛子が聖を許したという事でもあるでしょう。

晶は聖を訴えるなどした愛子を憎んでいるかのような描写がありましたが、大学受験の際「母さんありがとう」と優しい笑顔で伝えました。

 

愛子はこんな晶の姿を見て、成長を感じていたのでしょう。

そして、さらに成長していった晶を見て、息子も成人したし精神的にも成熟したと判断し、誓約書を渡した。

そういう意味もあるんだと思います。

というか、あるといいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

中学聖日記はハッピーエンドで終わりました。

 

聖は今までにも何度も何度も苦労して、大変な目に遭いましたが最後は報われて本当良かったですね…

筆者はあんまりドラマを見ないのですが、この中学聖日記だけは食いつくように見ました(笑)

 

本当に面白いドラマでしたね。

あなたはどう思いましたか?

最後は様々な解釈があると思います。

 

その解釈を聞くのも、ドラマのだいご味です。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© EXANEWS , 2018 All Rights Reserved.