あいみょんの本名の読み方が意外…由来には腰を抜かす…

 

この記事を書いている人 - WRITER -

あいみょんさんの本名が特定されたようなのですが、読み方が意外過ぎると話題です。

 

あいみょんさんは一体どういう本名なんでしょうか?

今回は読み方と由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

あいみょんの本名と読み方が意外

あいみょんさんは今を時めくシンガーソングライター。

 

1995年3月6日生まれの23歳という若さのカリスマ歌手なんです!

 

ドラマ「獣になれない私たち」の主題歌「今夜このまま」がヒット。

「マリーゴールド」が人気になったりと10代の男女にカリスマ的な人気を持っています。

去年、2018年には紅白も出演。

 

そんなあいみょんさんの本名は「森井愛美」さんです。

 

これ、もりいまなみさんでしょうか?

本当の読み方は「もりいあいみ」です。

珍しいですけど、可愛い名前ですよね。

かわいらしさの中にミステリアスさがあるあいみょんさんらしいお名前です。

スポンサーリンク

あいみょんの芸名の由来は?

あいみょんさんの芸名はまあ、「あいみ」という名前から由来なのです。

 

しかし、これ、自分でつけたのではなくて学生時代のあだ名だったようです。

「あいみょん」と友達に言われていたんですね。


それをそのまま芸名にしていたんだとか。笑

名付けた友達はびっくりしたでしょうね…(笑)

 

で、その名付けた友達はあいみょんさんの曲のモデルにもなった子なんですよ。

これがその曲↑

 

あだ名もそのまま芸名にして、そして曲のモデルにもなったなんて…

随分あいみょんさんにとっては大事な友達なんでしょうね。

スポンサーリンク

あいみょんの本名は何故わかったのか?

あいみょんさんの本名が分かった経緯は二つです。

 

まず、EXILE系列のLDHという会社に申し込んでいた時に本名が出ていたこと。


そしてTwitterの過去の履歴に友達から本名で呼ばれていた事です。


あいみょんさんのTwitterはデビュー前から使用されており、当時の履歴をさかのぼると見えてしまったわけですね。

 

ま、あいみょんさんがこれを肯定しているわけじゃないので、結局は間違ってるかもしれませんけど、だいぶ信頼性が高いと思います。

スポンサーリンク

あいみょんは韓国人、在日か?

あいみょんさんは「みょん」というのが韓国人っぽいという事で在日か韓国人なのでは?と言われていました。

「○○みょん」という韓国の名前があるようです。

 

ただ、これって単純にあいみょんさんのあだ名なので、違います。

在日かというと、これも違います。

 

出身は兵庫県の西宮ですし、ご両親とも日本人ですね。

スポンサーリンク

あいみょんの家族が素敵すぎる

あいみょんさんは大家族で、6人兄弟なんだとか。

あいみょんさんは上から2番目の次女。

 

めっちゃ大家族ですよね、、、大変そう、、、笑

 

View this post on Instagram

 

妹がピクミンみたいで可愛いこれ #家族に会いたい

aimyonさん(@aimyon36)がシェアした投稿 –

お父さんがインタビューに出た事もあるのですが、ばっちり関西弁を使ってて日本人らしくありました。

 

このお父さまはPAエンジニア(音響で講習伝達を行うなど、音に関わるエンジニア)で、あいみょんが中学生のころにエレキギターをプレゼントしてくれるような優しいお父さまだったそうです。

 

あいみょんさんの理想の男性像はお父さまだと言ってた事もあり、とても尊敬しているようですね。

このセリフ聞くとほっこりする。笑

 

そしてあいみょんさんのおばあちゃんは歌手を目指していたりとだいぶあいみょんさんの活動に肯定的だったようです。

スポンサーリンク

まとめ

あいみょんさんの本名ですが、まあTwitterをそのままにしてたらわかっちゃいますよね、、、

 

それにしても、あいみょんという芸名の由来が面白かったです。

まさか!と思いましたがw

 

あいみょんさんの歌は私も結構好きで、カラオケ行く度に誰かが歌ってるのを聞きます。

まだまだ伸びていく歌手だと思うので、これからも頑張って欲しいですね!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© EXANEWS , 2019 All Rights Reserved.